写真ギャラリーPlace Mは、1987年オープン以来、写真表現・実験の発表の場として東京、新宿で30余年活動してきました。

 

2019年、新たに映像部門を開設し、初の映画祭を開催するなど、写真と映像の可能性を探求し、境界を超えた新たな表現に挑戦しています。

 

2021年、第2回Place M Film Festival は、昨今の状況を鑑み、オンラインでの映画祭となります。

さらに、カナダ、モントリオールの映像配給会社Vidéographeとのコラボレーションが実現しました。

オンラインならではの環境で、多様な文化やバックグラウンドが窺える映像の数々、そしてアーティストたちの個性溢れるトークを是非ともお楽しみ下さい。

Place M Film Festival 

総合ディレクター、プログラマー 佐藤優香

Since its establishment in 1987, Place M, a photography gallery located in Shinjuku, Tokyo, has served as a venue for the experience of photographic expression and experimentation.

 

With the establishment of the film department and the first Place M Film Festival in 2019, we continue to support the exploration of possibilities in both photography and film, encouraging the creation of boundary-pushing expression.

This year, due to the current pandemic, the second Place M Film Festival will be held online.

In addition, we are excited to collaborate with the film distribution company Vidéographe, based in Montreal, Canada.

Through this unique online environment we hope you enjoy our films created from diverse cultures and backgrounds as well as enlightening videos of the participating filmmakers as they discuss their work.

 

Place M Film Festival

Director, Programmer Yuka Sato

© Place M Film 2021

※「Vimeo」は、EST(米国東部標準時)で表示されますが、プログラムに記載のJST(日本標準時)を参考にご視聴ください。

※ All times are in Japanese Standard Time (JST).